弁護士の退職代行がおススメ

MENU

個性があるのはいいことですが、調和を重んじないのは問題です

30代 男性

 

以前、とある法人で勤務していた時の話です。

 

入社6年目の時に、起業経験のある男性職員が中途採用されました。

 

第一線で活躍していたという彼にしてみれば、大手企業の職場は非常にのんびりしていて危機感の薄い場所に見えたのか、

 

問題点を次々と指摘し始めその改善案も積極的に提案してきました。

 

始めのうちは有益なアドバイスと受け取っていましたが、彼の指摘を受け入れていると私の仕事が増加する一方になってしまい、

 

次第にストレスになっていきました。

 

熱意があるのはわかるし、悪い人では決してないのですが、あまり言われた側の立場や気持ちを考えない性格らしく、

 

段々と私のことを人前で平然と怒鳴りつけたりするようになって行きました。

 

上司にも相談しましたが、彼のことが手に負えないのか「あなたが上手にかわして」と逃げられてしまい、状況は変わりませんでした。

 

最終的には彼に激怒する事態にまでなってしまい、自分の限界を超えたと感じ退職することにしました。

 

しかし驚いたのが退職しようとすると、その彼が「何で辞めるんですか?一緒に頑張りましょうよ。ここで抜けるのは無責任ですよ」と言って慰留してきたことです。
彼は自分が悪いとは微塵も思っていないようでした。

 

起業家にはサイコパスが多いと聞きますが、ああそういう事なんだなと腑に落ちました。

 

慰留もあまりにもしつこく、怖くなってきたので退職代行をやっている弁護士に間に入ってもらい、一応の決着を見ました。